動画編集ソフト「Power Director 17」のコストについて

動画編集ソフト「Power Director 17」のコストについて

こんにちは、著者のハジメです。

「スマブロ」に来てくださってありがとうございます。

最近、ブログを書くことが本当に楽しくなってきて、とうとう動画までやるようになりました。

今のところ、「sony」「ハンディカム」についてきた「PlayMemoriesHome」という無料ソフトで動画編集をしていたのですが、機能面で少し不満が出てきたため、ちょっと頑張って有料ソフトに手を出してみようかと検討しています。

そこで今回のテーマは動画編集の初心者の私が考えた【動画編集ソフト「Power Director 17」のコストについていうことで、新エディション「Power Director 365」を中心にコストの面から紹介してみたいと思います。

「Power Director 17」の価格

「Power Director 17」には機能によって数種類のエディションがあります、高価なほど機能が充実しています。

各エディションの価格

  • 「Power Director Ultra」¥12,980                    バージョン16からのアップグレード版¥8,480
  • 「Power Director Ultimate」¥15,980              バージョン16からのアップグレード版¥10,980
  • 「Power Director Ultimate Suite」¥20,980   バージョン16からのアップグレード版¥14,980
  • 「Power Director 365」12カ月¥6980
  • 「Director Suite 365」12カ月¥15,980

「Power Director 17」を比較

「Power Director」は現在、最新バージョンが17となっています。そして今回のアップグレードでサブスクリプション版の「365」がでました。

気になる新エディションの「365」の機能を比較してみたら、 UltimateUltimate Suiteの中間でどちらかといえば、ほぼ Ultimate寄りにです。

ということでパッケージ版の Ultimateとサブスクリプション版の365で単純にコストを比較してみます。

比較の条件

  • ソフトウェアを使って制作するための編集作業は無視する。
  • 1週間0.5時間の動画を制作し完成させる。
  • 2年間使用する。

「Power Director 16」の発売日が2017月、そして「Power Director 17」の発売が2018月ですからほぼ年毎にバージョンアップしていますので、それも考慮します。

「Power Director 365」の場合

ソフトウェア12カ月¥698024カ月で¥13,960

時間のビデオを制作する時のコストは約¥134

期間契約ですので何年使用しても¥134となります。

「Power Director Ultimate」の場合

ソフトウェア購入費¥15,980

アップグレード版¥10,980

年後のアップグレードなしの時、時間のビデオを制作する時のコストは約¥154

年後のアップグレードありの時、時間のビデオを制作する時のコストは約¥259

ここまで見ると「365」がお得です。

それでは、どんな条件でどのくらいUltimate365使用すれば同じコストになるのか計算してみました。

Power Director Ultimateの場合

年アップグレードなしで使用すれば¥102

年間で一度だけアップグレードすれば¥173

年間アップグレードなしで使用すれば¥76

年間で一度だけアップグレードすれば¥130

となります。

まとめ

もしも、Ultimateを購入し毎年アップグレードするならば、365を契約したほうがお得ということになります。加えて365にはUltimateにはない豊富なテンプレートパック、50GBのサイバーリンククラウドの利用権、動画をゴッホや印象派風の絵画調に変換できるAIスタイルトランスファー」機能などの特典もあるため、単純に価格だけでは比較できないところもあります。

あまり動画編集についてこだわりがなく、初期費用を抑えてランニングコストも抑えたいのであれば「Power Director Ultra」12,980を選択し、数年に1回アップグレードをするのもありですし、動画編集を長く続けるかどうか分からないというときには「Power Director 365」12カ月6980で試しに初めてみるのも手だと思います。

最初から上級グレードのパッケージ版を購入し自分を追い込むというのもよいかもしれません。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ハジメ

スマホ・アプリねたカテゴリの最新記事